TOKYO SKYが実施する実践型人材要請訓練とはどのようなものか?

厚生労働省が実施している助成金を活用した職業訓練の中にある、厚生労働大臣が認定する訓練制度を活用した正社員雇用予定者に向けた新卒者の早期育成プログラムです。

この制度はサロン内の現場で行うべき職場内訓練(営業中)であるOJT訓練と、 TOKYO SKYが担当する集合型の職場外訓練である Off-JTとで構成されます。

この訓練は働く人の労働環境を守るために、就業時間内に行われることを原則としているため、訓練を受けさせるスタッフの訓練時間に値する人件費、 TOKYO  SKYに支払う受講料が助成金の対象となります。

訓練の形態

 Off-JT訓練(職場外訓練)

  OJT訓練(職場内訓練)

訓練の内容

社会人マナー・アシスタント業務一般・受付業務・頭皮ケア理論・ヘアケア理論・接客マナー・毛髪理論・シャンプー理論・シャンプー実技(バックシャンプー)・カラー理論・カラー実技(カウンセリング・リタッチ・フルメイク・ゼロテク・ブリーチ・トナー・乳化・マニキュア他)・ブロー理論・ブロー実技(ロールブロー・デンマンブロー)・ケア理論・ケア実技(システムトリートメント・カウンセリング)・パーマ理論・パーマ実技(基本ワインディング・スタイル巻き)・カット理論・カット実技(ワンレングス)

Off-JT訓練同様

Off-JTで習得したものをサロンの営業中に

実践の中で習得する訓練する)

訓練時間

245時間(35日間)1日7時間

648時間(43日間)1日8時間

必要な手続き

日誌の作成

日誌の作成

実施期間

201943日〜926

201945日〜926

 
   

主な訓練のスケジュールプラン

2019年度の実践型人材養成訓練の主なスケジュール予定になります。

※参加者が正式に決定した時点で若干の修正はあり得ます。
それぞれの詳細内容については参加希望のサロン様には事前にご説明いたします。